Our Blog

人にもペットにも快適なa??まい
投稿者: 浅貝: category: ペット共生住宅 :日時: 2007年04月10日

人にもペットにも快適なa??まい


ペットと暮らすためのポイントは「傷・臭い・a±?れ」



a??気をきちんa?¨

a??気がきちんとされていない中でペットを飼うと、様々な問題が発生しやすa??なります。
例えば、歩きまa??るペットのa??からアレルゲンのe|?因になるタンパク質が部a±?の中にたa??さん落ちます。
湿a°?のこもった住宅やカビの生えやすい環a¢?のa??宅では、雑e??などが繁殖しやすa??なり、シックa??ウスやアレルギーのa??因にもなりかねません。
「a??気」はペットと室内で健康的に暮らすための重要なポイントのa,€つなのです。 きれいな空気の中で暮らすためにも、ペットとの生活は最a??でも2時間a?≪1回はca?を開けて空気を入れ替えたいものです。
a??気設備には、新c ̄?住宅に義務付けられている24時間a??気システムなどのac?械a??気設備がありますが、これにはさらにa??気a??と吸・a??気a??a?R2種e!?があります。
a??気a??は室内を乾燥させやすa??、静電a°?でホコリやアレルゲンを壁にaR?着させてしまう上、人もペットも呼吸器系疾患を起こしやすa??なります。
湿度調整のできる建材などを併用して乾燥を緩和するとよいでしょう。湿度a? ̄50~60%が望ましa??、70~80%以a,?になると逆に湿気でほこりを定着させやすいので注a??が必要です。


傷、汚れ対c-?

猫はa??を舐めるという性質が強いので、犬よりもたa??さんの唾液を体になすり付けています。
そのa??で部a±?の中を動き回ると、アレルゲンが壁や柱c-?にa≫?着してしまいます。
アレルゲンを除去するためにも拭きa??除のしやすい壁や、汚れが付着しにa??a??静電a°?の起こりにa??い壁などを選ぶとよいでしょう。
理想はa£?面のa,?方部分を水拭きやリフォームしやすい腰a£?タイプにして、そのa,?は珪藻土や調湿系のクロスにすることです。
そうすると、メンテナンス面のみならず、部a±?内の湿度を調整することで部a±?のa±?れやアレルゲンを防ぐことも期待できます。
また、壁面だけではなa??、天ao?材にも調湿できる建材があります。天ao?・a£?面と合a??せて使うとよいでしょう。


防音・遮音で泣き声トラブルを防ぐ

かa??いいペットの鳴き声も、時には家a??や近隣へのe¨?音になってしまいます。
近隣とのトラブルになる前に着目したいのが、防音・遮音効果のある建材です。
ペットの鳴き声や生活音c-?を抑える遮音性のe≪?い下地パネルや防音シートを天ao?・a£?・ao?に使うとよいでしょう。
また、見落としがちでa°?をつけたいのが、「a??気扇」などからの音a??れです。
ペットの鳴き声などで、近隣の迷惑にならないためにもa??気扇用の防音カバーなどをつけてe¨?音対策を立てておきたいものです。


傷が付いてもリフォームしやすいものを

フローリングでa°?になるのは傷ですが、ペットにとってe|?注a??なのが臭いの留まりやすい目地です。
また、集合住宅などでa??a??採用されている複合フローリングの場合は、目地のところに爪を引っa??けてしまいフローリングを剥がしてしまうことも少なa??ありません。目地のa°?ないものを選ぶとaR?心です。
また、フローリングのキズを予防するのにはラグを敷a??方a3?もあります。
汚れなどのメンテナンス面から選ぶ場合は、a??り外しが楽なもの、リフォームしやすいタイプやムク材を選ぶとよいでしょう。ムク材は傷が付いても味がありますから。犬のa±?場所にするスペースでは、拭きa??除のしやすい抗e??性のシートを使うのもおすすめです。

キーワード :


▲back to top
"Making the simple complicated is commonplace; making the complicated simple, awesomely simple, that's creativity"
- Charles Mingus