Our Blog

アプローチのユニバーサルデザイa?3
投稿者: 浅貝: category: ユニバーサルデザイa?3 :日時: 2007年04月06日

アプローチ空間


みんなにやさしいc??関つa??りのポイント



ベンチを設置

深a??しゃがみこまなa??てもa??つが履き替えられるベンチを設置します


手すりを適切な場所a?≪

つかみやすa??頑丈な手すりを設置して、ベンチのc≪?ち座りや、ポーチe??段を上り下りする際の姿勢を安定させます


ドアは操作しやすいものを

軽a??開閉できて、a??っ手の大きな者にします


開口部を広a??しておa??

車椅子を使用する場合も考えて、開口部のa1?はi??00ミリ以上にしておきましょう


照a??はa??るく使いやすいものを

あかりは十分な照度(50~100lx)のものを、来客時にお互いのe!?が影にならないように、框のa,?付近にa??り付けます。
センサーa≫?の器具ならスイッチ操作が不要です


インターホンはカメラa≫?きのものを

御客様のe!?が確ea?できるカメラa≫?のドインターホンを設置すれば、高齢者屋子供だけの留守番でも安心です。
また、a??話器なしで話せるa??ンズフリーac?能も操作しやすく便利です


出入り口の段差をなa??す

すべりにa??い床材を

上がり框を適切なe≪?さa?≪

上がり框はa,?り下りしやすい高さ(180ミリ以下)にし、段差が目c≪?つように色や材質を工夫します。
車椅子用に段差を設けない方a3?もあります


ポーチライトはセンサーa≫?きのものを

夜遅い帰aR?なども考慮して、ポーチにはひとを検知して自動的に点灯するあかりを設置します


庇・a±?根を設置

c??関扉の開閉動作などをするスペースを考慮してao?またはa±?根を設置します



設e¨?ポイント


手すり



立ってa!?を昇り降りする場合

手すり1

L型手すりを設置する場合、縦部分のa,?端は、土間から高さ750ミリを標準とし、長さはi??00ミリ以上を確a??します


ベンチに座ってa!?を昇り降りする場合

手すり2

手すりとベンチを設置することによって、靴の履き替えがラクになります。
ベンチの両サイドにI型またはL型の手すりを設置することをおすすめします

上がり框

上がり框

上がり框のe≪?さはi??80ミリ以下とします

a??a?°

上がり框のe≪?さがやむを得ず180ミリを超える場合
高さを180ミリ以下のc ̄?囲でc-?分するようにa??台を設置すると、リズムよく快適に昇り降りできます


c??関の段a・R



段差の解消

c??関の段a・R

a??つずりとc??関土間およびポーチとの間は、段差なしとします。 やむを得ない場合も、a??つずりとポーチの段差はi??0ミリ以下、a??つずりとc??関土間との段差はi??ミリ以下にします

c??関の開口a1?


開口a1?の確保

c??関の開口a1?

c??関ドアが90度オープンした時に、750ミリ以上の有効開口a1?を確a??します

キーワード :


▲back to top
"Making the simple complicated is commonplace; making the complicated simple, awesomely simple, that's creativity"
- Charles Mingus